読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vncserver越しにVirtualBox上で動くjp106なゲストOS(Scientific Linux 6.4)のキーマップが変な時の対処法

linux

vncserver越しの時のみキーマップがjp106ともusとも付かない妙なキーマップ(*/:キーが+になってしまったりとか:がどこを探してもなかったりとか)になってしまう問題の暫定的な対処法です。備忘録。

ホストOS上で直接VirtualBoxのコンソールで操作するときは全くもって正常なのです。vimユーザーなのでコロン':'が押せないのが致命的。

以下のコマンドで正常なjp106キーマップに治りました。

$> loadkeys us

"us"はtypoではありません。

$> loadkeys jp106

と入力すると壊れた元の状態に。

vncserverの起動スクリプト(xstartup)側で設定する方法はないもんだか。

Minimalインストールなので巷によくあるX Window絡みのキーマップ設定の方法が使えず苦し紛れの方法です。

追記(2013/4/10): あくまで暫定対応です。一部おかしなところも残っています。最低限の対応したらsshでリモートログインするのでこれでよい(この場合は正常)。