読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらVPS ScientificLinux6メモ

linux sakura

さくらVPSにPostgreSQLサーバを立ててCakePHPのアプリを立ち上げるまでの基本設定。備忘録。

  1. ScientificLinux6インストール
    • eth0の設定はManual
    • IPアドレスの設定等はVPSのユーザーHOMEに書いているものを使う
  2. i18nの言語設定
    • うっかり忘れると、LatinのままになっていてあとでPostgreSQLのDBの文字セットで泣きを見る
  3. sshdのrootアクセス拒否、visudo(sudoユーザーの追加)
  4. epel、rpmforgeのyumリポジトリの追加
    • 何かと便利なので最初に追加 enabel=false に設定して yum --enablerepo=xxx して使う
  5. 必要なパッケージのインストール
  6. PostgreSQL の初期設定
    1. postgres ユーザーに''Linux''のパスワードを設定
      • $> sudo passwd poasgres
    2. データファイル一式を作成する
      • $> su - postgres
      • postgres $> initdb --encoding=UTF8 --no-locale ※encoding設定しないと後で泣きを見る
    3. postgres ユーザーの''PostgreSQL''のパスワードを設定 ※よく混同する
      • postgres $> psql
      • psql> alter user postgres with password '******';
    4. アクセス設定
  7. iptables: PostgreSQLの標準ポート番号(5432)を許可
  8. CakePHPを落としてきてApacheのアクセス可能な場所に配置。エラーメッセージに従って設定変更
  • 許可しているポートはhttpd, sshd, PostgreSQL(開発環境閉じたら削除)くらい
  • あとは環境に応じてよしなに